Stable Diffusionのプロンプトジェネレーターです! Simple Prompt

AI関連ニュースまとめ 9月5日

記事:AI関連ニュースまとめの画像
目次

生成AIが引き起こすIT業界の未来:人月商売の終焉?

生成AI(人工知能)がもたらすIT業界のディスラプション(破壊)についての記事。特に人月商売のIT業界の下請けITベンダーは、今後3年から5年の命と予測されている。生成AIは「知的労働者」の仕事を奪っていくとされ、特に人月商売のIT業界の技術者が最初のターゲットとなるとの見解が示されている。

生成AIの進化は、IT業界における人間の役割を大きく変えつつあります。特に、システム開発の一部の工程を自動化する能力は、多くの技術者の仕事を奪う可能性があります。

例えば、アクセンチュアによると、生成AIは設計文書の生成やソースコードの生成など、6つの主要なタスクを自動化できるとされています。このような技術の進化は、IT業界における人間の役割を再考させるきっかけとなり、今後の業界の動向を注視する必要があります。

日本の学術界のジレンマ:生成AIが解決できない論文数の停滞

日本の科学技術研究における論文数が増えない背景と、生成AIがその状況を変えることができない理由についての記事。日本の論文数は過去10年間でほぼ横ばい状態であり、英語を母語としない研究者の論文執筆上のハンディキャップや、若手研究者の支援体制の不足などが背景にあるとされている。

日本の教育・研究機関における論文数の増加が停滞している背景には、英語を母語としない研究者の論文執筆上のハンディキャップや、若手研究者の支援体制の不足などが挙げられます。

特に、英語を母語としない研究者は、語彙や表現の幅が狭く、英語に触れる機会が減少しているとの指摘があります。さらに、若手研究者は、論文の数を増やすための資金や指導を受ける機会が不足しているとの指摘もあります。

このような背景の中で、生成AIが日本の論文数を増加させる救世主として期待されていますが、現状ではその役割を果たすことが難しいとの見解が示されています。

シリコンバレーの新風:AIエンスージアストがリビングルームで議論

米シリコンバレーでの新しいトレンドとして、起業家や技術者がアパートの一室で生成AI(人工知能)のアイデアを語り合うスタイルが注目されている。このスタイルは「セレブラル(脳)バレー」とも称され、サンフランシスコの小さな木造ビルの一角で始まったもの。特に、このスタイルは「Chat(チャット)GPT」を生み出したオープンAIのスタイルに影響を受けているとされる。

シリコンバレーは、技術革新の中心地として常に新しいトレンドを生み出してきました。最近のトレンドとして、生成AIに関するアイデアを共有・議論するためのカジュアルな集まりが増えてきていることです。

このことは、生成AIの技術や応用に対する関心の高まりを示しています。このようなカジュアルな議論の場は、新しいアイデアや技術の発展を促進する可能性があり、今後の生成AIの動向や発展に大きな影響を与えるでしょう。

Samsung Nextが支援する3Dアニメ生成AI:Ireverent Labsの野望

ワシントン州ベルビューを拠点とするAIスタートアップ、Irreverent LabsがSamsung Nextから戦略的投資を受けたことが報じられている。このスタートアップは、テキストプロンプトから3Dアニメーション動画を生成する高度なAIモデルを開発しており、今後の「動画基盤モデル」は、プロンプトを魅力的な3D動画に変換する能力を持つとされている。この技術の提携により、Samsung製品にこの技術が組み込まれる可能性が高まっている。

Irreverent Labsの技術は、映像エンターテインメント制作の障壁を大幅に下げる可能性があります。シンプルなテキストプロンプトからの3Dアニメーション動画生成は、ビデオゲームのコンセプトから短編フィルムまで、さまざまなコンテンツの生成を可能にします。しかし、このような技術の普及には、AIが生成した映像の悪用のリスクも考慮する必要があります。特に、リアルタイムでの映像生成や、長時間の動画コンテンツの生成に関しては、まだ多くの課題が残されています。

BRIDGE(ブリッジ)|「起業家と投...
3Dアニメ生成AI開発のIreverent Labs、 Samsung Nextから戦略的投資を受ける——サムスン製品への導入視野に ワシントン州ベルビューを拠点とする小規模な人工知能(AI)スタートアップが Samsung Next から戦略

日本科学未来館の新展示:生成AIでプロのスキルは再現可能か?

日本科学未来館が新企画「コトバにならないプロのワザ~生成AIに再現できる?」を9月13日から開催することが発表されました。

この企画では、詩人の谷川俊太郎さん、お笑いコンビ・スピードワゴンの小沢一敬さん、子育て経験をもとにした著書のある大場美鈴さんの3人が、生成AI(チャットGPT)を活用して、言葉にならない自らの暗黙知やプロの“ワザ”の再現に挑戦します。その様子をオリジナル動画として会場で公開される予定です。

生成AI、特にチャットGPTの進化により、人々の日常生活や専門的な活動にも影響を与えるようになってきました。この企画は、生成AIが人々の暗黙知やプロの“ワザ”をどれだけ再現できるのか、という興味深いテーマに焦点を当てています。

特に、詩やお笑い、子育てといった異なる分野のプロフェッショナルがAIとの対話を通じて得た感想や気づきは、AIの可能性や限界を考える上で非常に参考になるでしょう。

音楽制作の新時代:「AI Composer」で誰でも作曲家

日本のスタートアップ企業が開発した「AI Composer」は、生成AI技術を活用してユーザーの入力に基づいてオリジナルの音楽を自動生成する新しい音楽制作ツールです。このツールは、プロの音楽家だけでなく、音楽制作の経験がない一般のユーザーも簡単にオリジナルの音楽を作成することができるという特徴があります。また、多様なジャンルの音楽を生成することが可能で、ユーザーの好みやシチュエーションに合わせて音楽をカスタマイズすることもできます。

音楽制作の分野でも、生成AIの技術が進化してきており、これにより音楽制作のハードルが大きく下がってきました。「AI Composer」の登場により、音楽制作の経験がない人でも簡単にオリジナルの音楽を作成することができるようになり、これは音楽の民主化を促進する大きなステップと言えるでしょう。

しかし、一方で、AIによる音楽制作の増加は、プロの音楽家やアーティストの役割や価値にどのような影響を与えるのか、という議論も生まれています。今後の音楽業界の動向や、AIと人間の共創による新しい音楽の形成が注目されます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次