Stable Diffusionのプロンプトジェネレーターです! Simple Prompt

ChatGPTの潜在能力を最大限に引き出す、究極のプロンプト作成法を徹底解説

大勢のロボットに囲まれている日本人女性

私たちの日常やビジネスシーンでChatGPTのような強力なAIツールが、一気に浸透し、広く使われるようになっています。

しかし、ChatGPTが持つ潜在能力をフルに活用するには、的確なプロンプト(指示文)の作成が鍵を握ります。プロンプト一つで、AIの出力結果の質が大きく変わるため、その作成スキルは非常に価値があるものとなっています。

この記事では、プロンプト作成のエキスパート、七里氏が提唱する「8+1の公式」について、具体的な例と共に紹介し、その効果的な使い方を解説していきます。

目次

ChatGPTとは?

ChatGPTは、自然言語処理における最先端の技術を駆使して、ユーザーからの指示(プロンプト)に基づいて、文章を生成するAIです。

しかし、このAIはあくまで中立的な存在で、個々のユーザーについての事前知識は持ち合わせていません。したがって、ChatGPTには、私たちの要望を正確に理解させるための情報を、プロンプトを通じて与える必要があります。

公式1:前提条件

ChatGPTから期待する結果を得るためには、初めにその前提条件を明確にする必要があります。

これは、部下に対して漠然とした指示を与えるのではなく、彼らが仕事の背景や状況を理解しているという前提の下で、具体的な指示を出すことに似ています。

同じように、ChatGPTに対しても、求めるタスクやそれに関連する背景情報をはっきりと伝えることが重要です。

前提条件の例

“私は母への感謝の気持ちを手紙にしたいと考えています。あなたには、感情を言葉に変換する力があります。心からの感謝の手紙を書いてください。”

公式2:対象者プロファイル

次に、プロンプトで対象者のプロファイルを詳細に記述することで、ChatGPTによる回答の精度を高めます。

対象者に関する具体的な情報が、ChatGPTによりパーソナライズされたコンテンツを生成させるための手がかりとなります。

対象者プロファイルの例

“母は70歳で明るくおおらかな性格をしており、ウォーキングが趣味です。”

公式3:参考情報

プロンプトにさらに詳細な情報を加えることで、より具体的でリアルな出力を促すことができます。

そのような追加情報が、ChatGPTの生成する文章に豊かなコンテキストを提供します。

参考情報の例

“父とは同じ会社で出会い、3人の子供を育てました。私たちは母の料理が大好きです。私たちは母への感謝のしるしとして温泉旅行をプレゼントしたいと考えています。”

公式4:名詞と動詞

具体的で理解しやすい名詞と動詞の組み合わせを使うことも、効果的なプロンプトを作成する上で重要です。

適切な動詞と名詞を組み合わせることが、ChatGPTに対して期待するアクションを明確に伝えることに役立ちます。

動詞と名詞の組み合わせの例

“労いの気持ちを表す手紙を作成してください”

“感謝の思いを伝える手紙を書いてください”

公式5:形容詞

さらに、形容詞を使って名詞を修飾し、意図を具体化することができます。

様々な形容詞を使うことで、感情的な深みを持つコンテンツを要求していることをChatGPTに伝えることが可能となります。

形容詞の例

“感情を揺さぶるような手紙を書いてください。”

公式6:出力形式の指定(文字)

文章の出力形式についても明示することが重要です。具体的な出力形式の指示が、望む情報の構造をChatGPTに示すことになります。

出力形式の指定の例

“箇条書きで”

“ステップバイステップで”

“表形式で”

公式7:出力形式の指定(カタチ)

効果的なプロンプトでは、ただ指示をするだけでなく、希望する結果の具体的な形式についても説明することが重要です。ことわざにもあるように「百聞は一見に如かず」、実際の形式を提示することで、ChatGPTに対してより明確なビジョンを伝えることができます。

例えば、以前に書いた手紙や好みの文章のスタイルがあれば、その一部をプロンプトとして直接入力することで、AIに期待する出力の「カタチ」を理解させることができます。

これは、ChatGPTにとって非常に有効な指針となり、より具体的で目的に沿った結果を得るための一助となります。

公式8:スタイル・トーン

また、生成されるコンテンツのスタイルやトーンについても指定することが重要です。スタイルはその場面や状況を表し、トーンはスタイルを補完する説明を与えます。

そのことにより、ChatGPTに望む雰囲気の文章を作成させるためのガイドラインとなります。

スタイル・トーンの例

“クリエイティブで感情豊かな手紙を”

“ビジネスの場面における専門的な文書を”

“カジュアルでフレンドリーな会話を”

公式+1:追加指示

最後に、出力された回答に対して追加で指示を行うことで、内容をさらにブラッシュアップできます。

出力された回答に対するフィードバックが、ChatGPTの回答をより洗練されたものへと導きます。

追加指示の例

“もっと詳しく説明してください”

“異なる視点からの説明をしてください”

“具体的な例を3つ示してください”

まとめ

この記事では、プロンプト作成の際に役立つ「8+1の公式」を紹介しましたが、ここで触れたのはほんの一部です。実際の七里氏の公式は、より体系的でわかりやすく、どなたにでも実践しやすい形でまとめられています。

パソコンがそうであったように、AIの効率的な使い方を習得することは、今後、すべての人にとって社会的必須のスキルとなることでしょう。

ChatGPT活用方法
プロンプトを徹底解説!

「8+1の公式」を生み出した七里信一氏は、無料のプロンプトセミナーを開催しており、プロンプトエンジニアリングに興味がある方は、この機会にぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

こんな方におすすめです!

  • プロンプトエンジニアリングという新しい職業に興味がある方
  • 会社での日々行なっている業務の効率化を目指している方
  • クリエイティブな仕事におけるサポートツールを探している方

このセミナーに参加すると、ChatGPTの真の活用方法を習得できるようになります。

それだけではなく、業界プロによる実践的な裏技集、1000万円超の開発費を投じたGPTツールへのアクセスなど、豪華8大特典も手に入ります。

AIとのやり取りをもっとスムーズに、かつ効果的に質の高い回答を得るために、このセミナーに時間を投資する価値は十分にあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次