Stable Diffusionのプロンプトジェネレーターです! Simple Prompt

DALL·E 3でビジネスビジュアルを創り出すプロンプト5W1Hの法則を解説

ビジネスの世界で一歩リードするためには、革新的なツールを活用することが鍵です。AIによる画像生成ツールDALL·E 3は、そんな革新を可能にするツールの一つ。

でも、ただ使うだけではなく、「どのように」使うかが大事ですよね。今日は、5W1Hを駆使してDALL·E 3のポテンシャルを最大限に引き出す方法をご紹介します!

目次

誰が(Who) – ターゲットを明確に

ビジネスでは「誰」に話しかけているかが大事。

DALL·E 3を使う時も、ターゲットオーディエンスを思い浮かべてプロンプトを作りましょう。消費者の感情に訴えかけるビジュアルで、ブランドのメッセージを心に響かせることができます。

何を(What) – メッセージを強調

「何」を伝えたいかが明確でなければ、どんなに美しい画像もその価値を失います。

ブランドが大切にしている価値や、製品の特徴を前面に出しましょう。DALL·E 3は、あなたの「何を」視覚的に表現する手助けをしてくれます。

どこで(Where) – 環境を設定

「どこ」で使う画像かも考慮する必要があります。

ウェブサイト、SNS、広告など、使用する媒体に適したビジュアルを生成するために、DALL·E 3に環境のヒントを与えましょう。

いつ(When) – 時代を反映

「いつ」のコンテキストを加味することで、時代に即したビジュアルが生まれます。

持続可能な未来へのメッセージなら、革新的でエコロジカルなイメージを。現代的な製品なら、テクノロジカルでスタイリッシュなデザインを選びましょう。

なぜ(Why) – 目的を理解

「なぜ」このビジュアルが必要かを理解し、それをプロンプトに組み込むことで、DALL·E 3はより目的に沿った結果を提供します。

目的が明確であれば、よりインパクトのあるビジュアルが生まれるでしょう。

どのように(How) – 戦略を練る

そして、「どのように」伝えるか。

色彩心理を利用したり、製品の利点をショーケースしたりと、戦略的なアプローチが重要です。DALL·E 3に具体的な指示を与えることで、ブランドの物語を伝える魅力的なビジュアルを作成できます。

DALL·E 3は単なるツールではありません。これは、あなたのビジネスストーリーを視覚的に語るためのパートナーです。5W1Hのフレームワークを使い、あなたのビジネスビジュアルを次のレベルへと導きましょう!

それぞれのビジネスシーンに合わせた具体的なプロンプトを作成する際には、目的に応じたビジュアル要素を組み込むことが重要です。以下に、各事例に対する詳細なプロンプトを提案します。

事例 1: 企業のブランドイメージ

プロンプト:
「サステイナビリティに焦点を当てたエネルギー企業のイメージ広告。背景には、複数の風力タービンが並ぶ豊かな緑の丘があり、手前には清潔で現代的なデザインの情報パネルが設置されており、再生可能エネルギーの重要性を伝えるインフォグラフィックが表示されています。パネルからは、自然と調和した生活を送る家族のホログラムが浮かび上がり、ピュアで明るい青空が全体のイメージを引き締めています。」

事例 2: プロダクト広告

プロンプト:
「未来のスマートウォッチの広告ビジュアル。ビジネスパーソンが夜の都市のスカイラインに沿って歩いているシーンを描き、腕には先進的なスマートウォッチがあり、そのディスプレイからは次の会議の時間と場所を示す3Dホログラムが現れています。ネオンサインが煌めく雨に濡れた通りと、空にはドローンタクシーが飛んでいる様子が、製品の先進性と都市生活における利便性を強調しています。」

事例 3: 企業のリクルーティングキャンペーン

プロンプト:
「企業のリクルーティングキャンペーン用のビジュアル。ガラス張りで自然光溢れるモダンなオフィス空間で、多様性を重んじる企業文化を体現するようなシーンを描きます。異なる民族背景を持つ従業員がインタラクティブなデジタルホワイトボードを前に熱心にディスカッションを交わしている様子、カジュアルながらもプロフェッショナルなファッションを身にまとったスタッフがリラックスしてコーヒーブレイクを楽しんでいる雰囲気を表現します。会議室のガラスには、革新的で開放的な労働環境を象徴するキャッチフレーズが映し出されており、オフィスの中央部に配置された観葉植物が活気と穏やかさをもたらしています。このビジュアルは、企業が求める人材と、候補者が期待する職場環境を反映しており、採用サイトや求人広告での使用を想定しています。」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次